世界遺産検定マイスター認定者のくろが行く!
旅や日常の記録と記憶。
旅の情報、世界遺産、世界のマクドナルド etc...
カナダ

【カナダワーホリ】PRESTOカードを持っていると便利でお得!

こんにちは、くろです。

トロントに滞在する人は必ずと言っても過言ではないくらい、1度や2度はTTC(トロント市内の地下鉄・ストリートカー・バス)を使うことになります。

そしてワーキングホリデーや留学など、長期でトロントに滞在する人が持っていて非常に便利でお得なのがPRESTOカードです。

PRESTOカードとは

PRESTOカードはトロントとその周辺地域で使える交通系ICカード(日本で言えばSuicaとか)のことです。

お得なポイント1

日本だと消費税分が安くなったりならなかったりですが、トロントではPRESTOで支払うと確実に安くなります。

TTCに限っても、通常3.25ドルのところがPRESTOカードを使うと3.10ドルで乗れます。

便利でお得なポイント2

PRESTOカードでTTCに乗ると、毎回2時間以内乗り放題になります。

つまり、普通に乗ると乗り継ぎの際にトランスファーチケットをもらう必要がありますが、これも不要となります。

さらに『A駅からB駅へ移動、少し用事を済ませて後B駅からA駅へ戻る』という場合、最初にA駅で入場した時から、B駅で再度入場するまでが2時間以内であれば、1回分の運賃(3.10ドル)でOKとなります。

便利なポイント3

ICカードなので当然、事前にチャージをしておけばその都度お金を支払う必要はありません。

また1回あたりの料金はトークン(3回分の回数券みたいなもの)と同じですが、正直小銭と紛らわしいトークンよりクレジットカードと同じ大きさのICカードの方が管理もしやすいです。

デメリット

唯一のデメリットはカードの発行に6ドルかかるということです。日本だと発行時に支払ったデポジットは返却の際に返金されますが、PRESTOはこれがありません。

TTCの乗車1回あたりの金額はトークンを利用をしてもと同じ金額となるので、特に短期の旅行者は、短い滞在期間で『便利でお得なポイント2』で紹介した内容が自分自身のその時の滞在にとって魅力に感じるかをしっかり考える必要があります。

注意点

PRESTOを購入した後の1番の注意点は、連続30日間使用実績が無ければカードが失効してしまうことです。

まあ30日間もトロントに滞在していて、その間TTCに全く乗らないって人は滅多にいないとは思いますが…

スポンサーリンク

実際にPRESTOカードを購入してみた

PRESTOカードは一部のスーパーやオンラインでも購入できますが、一番無難なのは駅での購入です。

駅にはこんな感じの自動券売機があり、ここで購入します。

PRESTO Card 自動券売機
PRESTO Card 自動券売機

中央の”Buy PRESTO Card”を選択します。

PRESTO Card 自動券売機 画面
PRESTO Card 自動券売機 画面

右側の”$”を押し、最初のチャージ金額を決めます。

チャージ金額は5ドル、10ドル、20ドル、50ドルから選べます。

選んでこの画面に戻ったら左下の”Continue”を押し、発行手数料の6ドルを含めた金額を支払って終了です。

支払いには現金のほか、クレジットカードも対応可能です。

PRESTO Card 自動券売機 画面
PRESTO Card 自動券売機 画面

という訳でトロントに長期滞在する上で便利なPRESTOカードを入手しました。

自動券売機の操作なので、所要時間はものの数分です。

PRESTO Card
PRESTO Card

アカウントを作成しておこう!

PRESTOカードを入手したら、Webでアカウントを作成しておきましょう。

アカウントを作成しなくてもPRESTOカード自体は使えますが、
・最終利用日を確認できる
・残高を確認できる
・Webでカードにチャージもできる
といったメリットがあります。

アカウントはPRESTOカード公式サイトのトップページ内”I’m a PRESTO User”を選び、作成が可能です。

アカウントは10分もあれば十分作成可能です

以上、トロントで長期滞在する人におすすめなPRSTOカードの紹介でした。

なお、すこーしだけ触れたトークンが2019年度内で廃止になるという噂もあるので、今後の展開次第では、短期旅行者にもおすすめってなるかも知れません。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村