世界遺産検定マイスター認定者のくろが行く!
旅や日常の記録と記憶。
旅の情報、世界遺産、世界のマクドナルド etc...
世界一周

【空港アクセス情報】トロント市内-トロント空港は路線バスがおすすめ!

こんにちは

くろです。

空港アクセス情報、トロントピアソン国際空港編です。

※トロントにはピアソン国際空港の他に、シティー空港もあるので注意してください。
まあアメリカ線とカナダ国内線の人以外は、ほぼ間違いなくピアソン発着ですが…

路線バスを使えばわずか3ドル!

空港へのアクセスと言えば、鉄道やリムジンバスなど色々とありますが、トロントピアソン国際空港に関しては路線バスを使うのが非常に効率的、そして安いです!

トロント空港を発着する路線バスはTTC(トロントの主要交通機関の総称)と一体となって運営されています。

そのため、路線バスと地下鉄を乗り継ぐ方法であれば、TTC共通運賃のわずか3ドル(約270円)で空港まで行けちゃうんです!(逆ももちろんです!)

※支払い方法は現金またはPRESTO(カナダ版スイカ)となるので、カナダについたばかりの人は必ず現金を用意しましょう。

実際に移動してみた

トロントピアソン国際空港へ行く際に便利な駅が、2号線(緑)の終点KIPLING駅。

2号線(緑)の終点KIPLING駅
2号線(緑)の終点KIPLING駅

路線バスでのアクセスに関しては1号線(黄)のLawrence West駅からも出てはいますが、KIPLING駅行きと比べると、
・比べ本数が少ない(KIPLING駅行き:10〜15分間隔、Lawrence West駅行き15分〜20分間隔)
・時間がかかる
・渋滞にはまる確率が高く、そもそも所要時間を計算しずらい
のデメリットがあるので、まずはKIPLING駅を利用することを強くお勧めします。

まあ楽したいとかであれば、Lawrence West駅を使ってもいいとは思いますが、1号線と2号線の乗り換えは楽なので、それ以上に楽したいような人だったら、タクシー使っちゃおうよwって感じです。

KIPLING駅に着いたら『Buses』の案内に従って上の階に移動すればokです。

この駅に限らず、トロントの地下鉄の駅の案内は分かりやすいなと思います。

東京とか大阪とかに比べて…

KIPLING駅
KIPLING駅

KIPLING駅からトロントピアソン空港へ向かうバスは192番系統です。

その名もAirport Rocket。なんか格好いい。

ちなみにRocketと付くだけあって、トロントピアソン空港に付くまでの途中のバス停はたったの一つだけです。

※192番系統のバスが出ているところからは、別の系統のバスも出ているため、乗車時には必ず行き先を確認しましょう。

192番系統、その名もAirport Rocket
192番系統、その名もAirport Rocket

ダウンタウンの駅からKIPLING駅までは大体25分程度、KIPLING駅からトロントピアソン空港までも大体20分程度で移動可能です。

というわけでダウンタウンからトロントピアソン空港までのおすすめの移動方法でした!

P.S.
ダウンタウンの宿で、なおかつトロントピアソン空港のターミナルが1の人なら、所要時間重視でUPエクスプレス(Union駅とターミナル1を結ぶ鉄道)の利用もありだと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村