世界一周 ウズベキスタン

タシケントで観光に困ったら、遊園地で遊んで見てはいかが?

投稿日:

こんにちわ
くろです。

ウズベキスタンへ行ったら必ずと言っていいほど訪れるのが首都タシケント。

でも、正直そんなに見所が…

個人的に特に印象に残っていると言えば、チョルスーバザールくらいでしょうか。

そんな時は思い切って、遊園地で遊んで見ましょう 笑

タシケントランドの場所

遊園地の名前はタシケントランド。
タシケントランド入り口

場所は地下鉄Yunusobod線(緑ライン)のBodomzor駅を降りてすぐなので、アクセスは抜群。

タシケントランド真横の大通りを駅とは逆方向に10分くらい歩くとテレビ塔、さらに5分くらい歩くとプロフセンターがあったりもするので、この辺りをさくっと観光してから遊ぶのもありです。

営業時間:毎日10時〜21時
入場料:35,000スム(当時の闇レートで約4.5ドル)
※ゴンドラ以外の乗り物は乗り放題。ゴンドラは別途12,000スム(当時の闇レートで約1.5ドル)

おすすめのアトラクション

メリーゴーランド的なやつ

こんなのに乗るのは久しぶりだったからでしょうか。見た目以上にクルクル回ります。
メリーゴーランド的なやつ

たまには大人がこんなんではしゃぐのも悪くはないです 笑

ジェットコースター

大人の遊園地と言えば定番のやつ。
ジェットコースター

予想に反していきなり後ろ向きに動き出したりしてくれるので、見た目以上に楽しめます 笑

ゴンドラ

料金のところで書いた通り、これだけ別途料金がかかります。また、乗り場も園の外にあるので一番最後に行くのがベストです。

ゴンドラ

隣にあるプールも見れたり、こんな感じのなんちゃって日本庭園の上も通ったりするので、乗ってみる価値はありです。

まとめ

そんなに広い遊園地ではないですが、アトラクションに関しては、今回紹介したもの以外にも、ホラーをテーマにアトラクションや、アフリカをテーマにしたアトラクションとかもあったりするので、なんやかんや半日くらいなら十分過ごせます。

アトラクションに関してはいつ動くのか結構まばらな感じなのですが、時間があるからこそくる場所だと思うので、気長に楽しみましょう 笑
※訪れたのが暑い日中で現地の人も訪れてる人はまばらでした。比較的涼しい遅めの時間であれば、現地の人も多く、アトラクションももっと頻繁に動いているのかも知れません。

ちなみに、本家の許可を得ているのか分からないようなこんな感じの建物もあります。
トイレ
※ちなみにトイレです 笑

というわけで、タシケントで時間を持て余してたらぜひ行って見てください!
海外でこんな感じの遊園地に行こうと思える機会なんて、なかなかないですよ〜 笑

最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-世界一周, ウズベキスタン
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アジアからトビリシへ来て最初の観光はここへ行こう ー トビリシの旧市街と夜景

ブログのデザインをリノベーションしたいなー、 くろです。 2017.06.27 // Day 79 都市:トビリシ(ジョージア) あいさつ(ジョージア語) こんにちは :ガマルジョバ ありがとう:マド …

トルクメニスタン大使館外観

トルクメニスタンビザの取得方法inタシケント!

こんにちわ くろです。 トルクメニスタンへ行くにあたり一番面倒なのがビザ問題。 普通に観光ビザを取ろうとするには、トルクメニスタン国内の人からの紹介が必要だったりするので非常に面倒って無理。 まあ面倒 …

no image

コロンボ – 市内へのアクセスとおすすめホテル

こんにちわ。



くろです。



☆世界一周ルート☆
日本→タイ→オーストラリア→韓国→インド→スリランカ→インド→ウズベキスタン



リアルタイムは中央アジア・ウズベキスタンのブハラです。


2017.05.12 – 2017.05.13
インドのコルカタから飛行機でスリランカの首都コロンボにやってきました。

no image

メヘランガール城

ナマステ~!



くろです。



リアルタイムは、聖地ヴァラナシ!



2017.05.02



この日はメヘランガール城を観光します。


no image

世界遺産 – ラージャスターンの丘陵要塞群

ナマステ~!



くろです。



リアルタイムはこの旅2度目のデリー!



2017.04.29



デリーから列車で約4時間半、ジャイプールにやってきました!



同じ日に、同じデリーの宿から同じ列車でジャイプールへ移動してきた伊藤氏と2人で観光です。