世界遺産検定マイスター認定者のくろが行く!
旅や日常の記録と記憶。
旅の情報、世界遺産、世界のマクドナルド etc...
カナダ

【カナダワーホリ】こんな場所がトロントに?めっちゃおすすめ、スカボローブラフ!

こんにちは、くろです。

今回はスカボローブラフ(Scarborough Bluffs)という場所に行ってきました。

感想から先に書くと、景色が良くて、こんな場所がトロントにあるのかーって感じで、トロントっぽくないけどそれが逆にいい。

オススメ度はMaxの場所です。

スカボローブラフとは

スカボローブラフはその名の通り、スカボロー(Scarborough)の断崖(Bluffs)です。

トロント市東部のスカボロー地区にある、海岸線からの高さが最大で約90メートルある断崖が、オンタリオ湖に沿って約15キロにも渡って広がります。

こんな場所がトロント市郊外とかではなく、トロント市内にあるというのは意外性を感じさせる一つポイントかもしれません。

Scarborough Bluffsへの行き方

スカボローブラフへは、断崖の上に立つか、断崖を下から見るかで行き方が異なります。

また上述の通り約15キロにも渡って広がっているため、僕が訪れたポイント以外にも大小様々な公園があり、それらからも楽しむことができます。

Scarborough Crescent Park

ここは断崖の上に立つことができる公園です。

スカボローブラフ1 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

※上の写真は『DANGER, DO NOT ENTER, Maximum Fines $5,000』という看板のある柵を越えた先で撮影したものになります。多くの人が普通に柵を越えていますが、そのような看板を無視する事になる、また実際に足下は砂状で非常に滑りやすく、かつ一歩間違えば崖下へ転落する非常に危険な場所なので、それを理解した上で越えてください

行き方

行き方は地下鉄2号線(緑)のVictoria Park駅もしくはKennedy駅から12系統のバスに乗車。

Midland Aveで降りて、すぐそばのScarboro Cresを15分くらい歩いた突き当たりにあります。

※12系統のバスはBingham Loopも通っているので、Queen St East沿いに住んでる人は、22系統のバスなどでBingham Loop出て12系統のバスに乗るのもありだとと思います。

上述の多くの人が越えている柵は、公園内に食い込むような感じ通っているCecil Cresの突き当たりを真っ直ぐ南(下)方向に進んだあたりにあります。※maps.meのビューポイントのマークがまさにこの場所です。

Scarborough Bluffs Park

ここは上述のScarborough Crescent Parkから下に見えていた場所でり、断崖を下から見ることができます。

スカボローブラフ2 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

行き方

行き方は地下鉄2号線(緑)のKennedy駅から175系統のバスに乗車し、Bluffer’s Park Rd × Brimley Rd East Sideで降りて目の前。
※175系統は土日祝のみの運行となります。

平日はScarborough Crescent Parkと同じく12系統のバスに乗り、Kingston Rd × Brimley Rdの交差点で降りて徒歩20分くらいとなります。

またScarborough Crescent Parkからは軽いトレッキングルートを歩いて約50分くらいです。写真には撮れませんでしたが、その道中で僕は野生の鹿の親子を見かけました。

当項目冒頭の写真は、Google Mapだと『Bluffs Park lookout』、maps.meだとScarborough Bluffsと書かれたインフォメーションマークの場所からの眺めです。

というわけで、トロント市内にあるけどトロントっぽくない場所スカボローブラフ。

トロントに滞在中の皆さん、ぜひ足を運んでみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村