世界遺産検定マイスター認定者のくろが行く!
旅や日常の記録と記憶。
旅の情報、世界遺産、世界のマクドナルド etc...
世界一周

インドの要注意沈没スポット – ヴァラナシ

こんにちわ。



くろです。



☆世界一周ルート☆
日本→タイ→オーストラリア→韓国→インド→スリランカ→インド



リアルタイムはインド・ゴア州の州都パナジにいます。



ヒンディー語
ナマステ(こんにちわ)
ダンニャワード(ありがとう)



2017.05.06 – 2017.05.09



ウズベキスタンビザを取得した翌日の夜行列車で、ヒンドゥー教の聖地ヴァラナシへやってきました!



この街が色んな意味でやばくて、危うく沈没するところでした(^^;




☆ヴァラナシと言えばガンガー

ヴァーラーナシーとも呼ばれたり、バナーラスとも呼ばれたり、ベナレスとも呼ばれたりすることもある街。



そんな街のメインはやっぱり聖なる川ガンガー。




見るからに汚そうな川ですが、インド人はめっちゃ泳いだりしてます。
やっぱり聖なる川ですからね。



僕もなんやかんやで膝下くらいまでは入りました。
結構冷たかったです。



けど沐浴はしませんでした。
ヴァラナシで沐浴して体調崩したらネタとしては美味しいのでしょうけど、それで予定で狂うのは嫌なので…。
同じドミトリーで沐浴した人がその夜めっちゃ下痢に襲われていたので、ヴァラナシで沐浴したら下痢になるという噂は本当ようです。



ガンガーの夕日はめっちゃきれいでした。

ヴァラナシの夕日 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA












朝日ももちろんきれい。

ヴァラナシの朝日 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA












☆ヴァラナシは路地が多い

バックパッカーの大多数が泊まるガンガー周辺は細い路地が多い故、気温は高くても結構涼しいです。
(遮るもののない川沿いはくそ暑いけど…)



涼しいのはいいのですが、忘れてはいけません。
ここはインドです。
そしてヒンドゥー教の聖地です。
当然あの方々もいらっしゃいます。

こんな感じの細い路地道に普通に牛さんもいらっしゃるので、そこら中に糞があります。
『乾いている糞を踏むのは仕方がない』
これくらいの割り切りがないと歩くのは至難の技です。




☆ヴァラナシは飯が安くてうまい

ヴァラナシは安くてうまい飯がたくさんあります。
ネットで検索したら情報はたくさん出てきますが、その中でも僕のオススメはこちら

-SPICY BITES-




コロッケ定食は150ルピー



唐揚げ定食も150ルピー

付け合わせのキムチは微妙(インドの前に韓国でうまいキムチをたらふく食ったってのはある)でしたが、結構うまいです。
定員さん曰く、日本で料理の修行を経験した人が作ってるらしいです。


-BANA LASSHI-




パパイヤマンゴーラッシー80ルピー



ラッシー屋ですがフレンチトーストも美味(70ルピー)



オーナーのソナさんが日本語堪能というのもありますが、店内はWiFiさくさくで、空いていれば横にもなれるため居心地抜群。


短い滞在日数にもかかわらず、昼飯をSPICY BITESで食べて、その後BANA LASSHIでだらけるというリズムができましたw


牛のう○ここそそこら中にあるとはいえ、暑い時期でも暑さをそれほど感じず居心地がよく、さらに宿代も安い(日本人宿サンタナは朝食付きで1泊200ルピー)となったら、ここで沈没する旅人が多いと言われるのも納得です。


個人的には沈没しない1つの対策として、ヴァラナシを出る列車などのチケットを入る前に買っておくことですが、
ヴァラナシの魔力にやられそのチケットを変更してまで長く沈没している旅人もいたので、ヴァラナシを訪れる際は『絶対に何月何日にはヴァラナシ出る』というとにかく強い意思を持って入ることをお勧めします。


最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサードリンク